10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
柴裕之

柴裕之

しばひろゆき

東洋大学文学部史学科非常勤講師/文学博士
<プロフィール>
1973(昭和48)年、東京都生まれ。
東洋大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程満期退学。
博士(文学)。

現在、東洋大学文学部史学科非常勤講師、千葉県文書館県史・古文書課嘱託。
戦国・織豊期の政治権力と社会に関する研究を専門とする。

主な著書は、
単著
『徳川家康 (中世から近世へ) 』(平凡社、2017年)
『シリーズ実像に迫る17 清須会議』(戎光祥出版、2018年)。

編著
『図説 豊臣秀吉』(戎光祥出版、2020年)
『図説 明智光秀』(戎光祥出版、2018年)、

監修
『マンガで読む 信長武将列伝』 (戎光祥出版、2019年)

など多数。

天下人・織田信長の実像に迫る (全11話)

収録日:2020/03/17
追加日:2020/07/06

近年の研究で変わってきた織田信長の実像

天下人・織田信長の実像に迫る(1)戦国時代の日本のすがた

追加日:2020/07/06
織田信長というと、一般的には近世という時代を切り拓いた革命児として知られているのではないのでないか。ところが、近年の研究でその見直しを図られているという。織田信長とはいったいどんな人物なのか。織田信長の実像を探ってい...

「天下再興」に向けた足利義昭の呼びかけに応じた織田信長

天下人・織田信長の実像に迫る(2)足利幕府と天下再興

追加日:2020/07/06
戦国時代の足利将軍は無力だったといわれるが、足利氏は京都周辺を治め、朝廷や寺社の庇護に努める「天下人」の役割を担い続けていた。しかし、連立を組んでいた三好氏による13代将軍義輝の殺害によって、天下は乱れることになる。「...

「天下布武」に込められた室町幕府再興への織田信長の想い

天下人・織田信長の実像に迫る(3)「天下布武」と室町幕府再興

追加日:2020/07/13
「天下布武」には、織田信長が武力をもって全国を平定しようとした勇ましいイメージが伴うが、実際は少し異なる。最近の研究では、実際に「幕府による天下再興を成し遂げる」という意思が込められていたことが解明している。上洛した...

織田信長に与えられた官位「右近衛大将」が意味すること

天下人・織田信長の実像に迫る(4)足利義昭追放から安土城へ

追加日:2020/07/20
足利家最後の将軍義昭を追放した織田信長は、敵対する勢力の鎮定に力を尽くす。次々に勝利を収める彼のもとへ、やがて朝廷から「右近衛大将」という立場に任命される。これこそは、信長を実力とともに官位の上でも「天下人」と認める...

天下人となった織田信長が努めたのは朝廷や寺社の保護だった

天下人・織田信長の実像に迫る(5)朝廷・寺社との関係

追加日:2020/07/27
天下人となった織田信長は、これまで「革命児として朝廷や寺社勢力を排除した」というイメージで伝えられてきた。しかし最近の研究によると、実情はそうではない。朝廷や寺社を保護し、同時代の政治や社会の「保障者」であろうと努め...

織田信長が進めていた「天下一統」という事業とは

天下人・織田信長の実像に迫る(6)天下人としての「天下一統」

追加日:2020/08/03
畿内を制した織田信長は、地方に対してもさまざまな手を打っていく。敵対する者には武力で向かい、そうでない者には中央に従うことによる共存を呼びかけていった。天下という存在の下で、それぞれの地域が治まり、まとまった活動をし...

家臣からの諫言の逸話が物語る織田信長の実像

天下人・織田信長の実像に迫る(7)織田政権への忠義

追加日:2020/08/10
織田信長というとワンマンの印象が強く、家臣たちは皆戦々恐々として、その命令に従っていたイメージがある。果たして、本当にそうだったのか。実際の信長は、時には家臣からの諫言にも耳を傾けていたようだ。信長が家臣たちに求めて...

織田信長の辞官の背景にある嫡男・織田信忠の存在

天下人・織田信長の実像に迫る(8)織田信長の政治構想

追加日:2020/08/17
織田信長には新たな国家構想を描いていたとする説がある。その根拠は、彼が朝廷から戴いた官職を降りたことにあるようだ。では、信長は朝廷との関係を絶ち切り、独自の国家を築こうとしたのだろうか。官位への考え方、嫡男・織田信忠...

本能寺の変は織田信長を討つだけのクーデターではなかった

天下人・織田信長の実像に迫る(9)本能寺の変・前編

追加日:2020/08/24
“織田大名”という織田信長の重臣・明智光秀を初めて主役に置いた意外性で話題を呼んでいる2020年の大河ドラマ。従来、光秀の謀叛として蔑まれ憐れまれてきた本能寺の変は、両者の性格の違いが生んだ犯罪的行為だったのか。それとも時...

本能寺の変前後で光秀に起こった突発的偶然と予期せぬ事態

天下人・織田信長の実像に迫る(10)本能寺の変・後編

追加日:2020/08/31
「本能寺の変」についての研究は『石谷家文書』発見により進み、浮上したのが「四国問題」である。長宗我部氏をめぐる周旋役を担当していたのが惟任家であったため、四国の動向は光秀の将来を左右する問題となる。そんな折に信長から...

織田信長は決して同時代から逸脱した存在ではなかった

天下人・織田信長の実像に迫る(11)「有姿」を求めた天下人・織田信長

追加日:2020/08/31
織田信長を伝説として祭り上げる「革命児」や「革新者」という従来の評価が現在では見直されていることをシリーズ内で伝えてきたが、結局、織田信長とはどういう人物であったのだろうか。最終話では、彼が生きた時代、追求しようとし...

近いテーマの講師一覧

藤田達生

三重大学教育学部・大学院地域イノベーション学研究科教授

小和田哲男

静岡大学名誉教授文学博士

丸島和洋

東京都市大学共通教育部 准教授

落合弘樹

明治大学文学部史学地理学科専任教授博士(文学)

中村彰彦

作家

黒田基樹

駿河台大学副学長・法学部教授日本史学博士

渡邉義浩

早稲田大学文学学術院 教授

田口佳史

東洋思想研究者

本村凌二

東京大学名誉教授文学博士