10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
井口潔

井口潔

いのくちきよし

九州大学名誉教授/日本外科学会名誉会長/医学博士・理学博士
<プロフィール>
大正10 年10月21日福岡県生まれ
昭和20年9月:九州帝国大学医学部卒
昭和20年10月:九州帝国大学大学院特別研究生
昭和22年10月:九州大学医学部第二外科助手
昭和25年8月:医学博士の学位取得
昭和28年7月:お茶の水女子大学理学部講師
昭和31年9月:理学博士の学位取得
昭和32年8月:九州大学助教授
昭和34年10月:アメリカ、西ドイツ留学
昭和38年4月:九州大学教授、外科学第二講座担任
昭和48年4月:九州大学評議員
昭和50年4月:九州大学医学部附属病院長 九州大学評議員
昭和52年10月:Fellow of American College of Surgeons(FACS)、第15回日本癌治療学会会長として総会を主宰
昭和53年4月:第78回日本外科学会会長として総会を主宰
昭和55年:西日本文化賞受賞
昭和57年より10年間:日本学術会議会員 (第12・13・14期)
昭和59年:日本医師会医学賞受賞
昭和60年3月:退官、九州大学名誉教授、佐賀県立病院好生館長
昭和61年:がん集学的治療研究財団理事長、「井口記念人間科学振興基金」設立
平成8年4月:勲二等瑞宝章を賜る

【主な著書】
『人間力を高める脳の育て方鍛え方』(2015、扶桑社)
『ヒトの教育』 (2005、小学館)

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」 (全9話)

収録日:2020/01/11
追加日:2020/06/25

人間科学は宗教や哲学ではなく生物学的に人の心を見る学問

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(1)人間科学と危機感

追加日:2020/06/25
昨今、教育に関する議論はますますヒートアップしてきており、学力だけではない人間力を高めることの重要性が各所で指摘されている。その中でも、井口潔氏の掲げる「生物学的教育論」というコンセプトは、非常にユニークなものである...

なぜ「生まれたばかりの子はまだ人間ではない」のか

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(2)「ヒト」から人間へ

追加日:2020/07/02
生物の体としてのヒトの進化は、チンパンジーまで行き着いてひと段落した。ヒトはその体に巨大な脳を備えた生物として誕生したが、生まれた時点ではまだ人間ではない。しつけと教育によって、人間へと変わっていく。このことは、胎児...

赤ちゃんの脳を人間の脳にする「リリーシング」とは

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(3)「リリーシング」としつけ

追加日:2020/07/09
生物学的な観点から教育を見ると、年齢に応じて必要な教育は異なる。赤ちゃんに必要なのは、人間としての脳にするために重要な「リリーシング」という働きかけである。赤ちゃんは親の表情や行動などから非常に多くの影響を受けている...

しつけするときに大事な「温・凛・厳・畏」とは何か

生物学的教育論とは何か(4)我慢ができる子になるために

追加日:2020/07/16
脳の発達段階に応じてしつけの方法を変える必要があると前回指摘されたが、具体的にはどのようにすれば良いのか。1、2歳の頃から始まる第1次反抗期において我慢を身に付けることも大事だが、そのときにポイントとなるのは、「温・凛・...

子離れ、親離れで大事なのは、「心を離さない」ということ

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(5)10歳からの子育て

追加日:2020/07/23
子どもは10歳になると、大脳が発達し始め自立して行動するようになる。この段階ではこれまでの我慢のしつけを抑えて、子どもが意欲的に物事に取り組むことを後押しするように切り替える必要があるという。そこで重要となるのが子離れ...

ゆとり教育の間違いは幼年期と青年期の教育の違いにある

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(6)幼年期と青年期の教育の違い

追加日:2020/07/30
しつけと同様に、教育の方法も幼年期と青年期では異なる。幼年期の教育は、パターン認識としてひたすら知識を蓄えていき、中学から高校にかけての青年期は、そうした知識を論理的に理解していく教育が望まれる。この違いにゆとり教育...

「この子を天才にしよう」と詰め込むと大変なことになる

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(7)親が気をつけること

追加日:2020/08/06
子どもの成長において大事なのは、友だちから好かれるかどうかという点だ。親としては、さまざまな人と触れ合う中で、人に好かれる人間になるようアシストしてあげることが求められる。また、子どもを天才にしようとして、脳の発達段...

他者操作は道徳的に禁止しなければならない

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(8)道徳と自己抑制

追加日:2020/08/13
子どもの健全な成長にとって道徳教育は非常に大事だが、特に自己を抑制するという意識を持つことが重要と、井口潔氏は指摘する。幼年期に必要なのは自己抑制で、そのために道徳がある。しかし、青年期になって道徳を身につけようとす...

どんな時もひるまないという心構えなしに人を教育できるか

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(9)自分で自分を教育せよ

追加日:2020/08/20
人間は自己教育の範囲を超えて人を教育することはできない。よって、人を教育するためには、自己教育の範囲を広くしておかなければいけない。それは自分との闘いでもあり、修行ともいえる。よって、他人が強制できるものではない。た...

近いテーマの講師一覧

小林りん

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事

出口治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長学校法人立命館副総長・理事

小宮山宏

東京大学第28代総長株式会社三菱総合研究所 理事長テンミニッツTV座長

江口克彦

株式会社江口オフィス代表取締役社長

童門冬二

作家

曽根泰教

慶應義塾大学名誉教授テンミニッツTV副座長

小林浩

リクルート進学総研所長・カレッジマネジメント編集長

浜口直太

経営コンサルタント

上甲晃

志ネットワーク代表