10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
岡本行夫

岡本行夫

おかもとゆきお

外交評論家/MIT国際研究センターシニアフェロー
1968年外務省入省。
1991年に退官し、同年岡本アソシエイツを設立。
橋本内閣、小泉内閣と2度にわたり首相補佐官を務める。
外務省と首相官邸で湾岸戦争、沖縄問題、イラク復興、日米安全保障、経済案件等を担当。
シリコンバレーでのベンチャーキャピタル運営にも携る。
2011年の東北大震災後に「東北漁業再開支援基金・希望の烽火」を設立して東北漁業の早期回復を支援活動。

MIT(マサチューセッツ工科大学)国際研究センターシニアフェロー。
立命館大学客員教授。
東北大学特任教授。
青山学院大学特別招聘教授。
NPO法人新現役ネット理事長。

国際問題について政府関係機関、企業への助言活動の他、国際情勢を分析、執筆・講演・メディアなどで幅広く活動。

著書は
首相補佐官当時の回想録「砂漠の戦争~イラクを駆け抜けた友、奥克彦へ」(文藝春秋社)など。
他に朝日新聞社が取材出版した「岡本行夫-現場主義を貫いた外交官 90年代の証言」。
(追加日が新しい順) 元の並び方に戻す

対談・鼎談

日韓問題に関して日本の立場をもっと伝えていくべきである

アンチ・グローバリズムの行方を読む(6)日韓関係の未来

日韓関係は、日本にとって常に重要かつ困難な課題であり続けている。その要因は、他国に比べ韓国は政策や方針の意図が読み切れないところにある。日本としては歴史認識...
収録日:2019/11/07
追加日:2020/01/04

これからの30年間は中国の時代になるのか

アンチ・グローバリズムの行方を読む(5)中国の戦略

中国の特徴は、人権保護や個人情報の保護よりも、国家の経済発展を優先させることで、繁栄していった点にある。こうした方針は他の新興国にも共通してみられ、今後の世...
収録日:2019/11/07
追加日:2019/12/28

周辺国全てと領土問題を抱える日本が身を守っていくために

アンチ・グローバリズムの行方を読む(4)米中関係と日本

米中関係を考える上で、経済摩擦は主要トピックとなっている。アメリカは明確に反中的態度を表明したが、その背後にはアメリカから中国への先端技術流出がある。こうし...
収録日:2019/11/07
追加日:2019/12/21

デカップリングは一国の内でも外でも起こっている

アンチ・グローバリズムの行方を読む(3)デカップリング

最近、「デカップリング」という言葉を耳にすることが多いが、これはどのように理解すれば良いのか。元来は安全保障の分野で用いられてきたこの語は、米中の経済関係を...
収録日:2019/11/07
追加日:2019/12/14

ベストセラー小説にもなった、われわれの知らないアメリカ

アンチ・グローバリズムの行方を読む(2)アメリカの闇

アメリカは、もはやこれまでにはない新しい時代に入っている。特に中西部の白人男女を中心とする大衆の悲痛な叫びが、東部のインテリやリベラル派への反感とともに、ト...
収録日:2019/11/07
追加日:2019/12/07

強まるアンチ・グローバリズムの動きをどう見ればいいか

アンチ・グローバリズムの行方を読む(1)世界情勢の転換

グローバリズムとそれへの対抗(アンチ・グローバリズム)の関係をどのように考えれば良いのか。グローバリズムは、格差の拡大、既成権益の毀損、製造業の没落などを引...
収録日:2019/11/07
追加日:2019/11/30

近いテーマの講師一覧

小原雅博

東京大学大学院 法学政治学研究科 教授

船橋洋一

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長元朝日新聞社 主筆

小野寺五典

衆議院議員

中西輝政

京都大学名誉教授歴史学者国際政治学者

日高義樹

ハドソン研究所首席研究員

高島修

シティグループ証券 チーフFXストラテジスト