10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
岡朋治

岡朋治

おかともはる

慶應義塾大学理工学部物理学科教授
慶應義塾大学 岡研究室
<プロフィール>
出身:福岡県田川市
専攻:電波天文学、銀河系中心

略歴:
1991年 東京大学理学部天文学科卒業
1993年 日本学術振興会特別研究員
1996年 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻修了 博士(理学)
1996年 理化学研究所基礎科学特別研究員
1999年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助手
2007年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助教
2008年 慶應義塾大学理工学部准教授
2015年 慶應義塾大学理工学部教授

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史 (全12話・7話配信中)

収録日:2020/08/25
追加日:2020/12/13

「宇宙の階層構造」誕生の謎に迫るのが宇宙物理学のテーマ

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(1)宇宙の階層構造

追加日:2020/12/13
宇宙とは何かを考えるうえで中国の古典である『荘子』・『淮南子(えなんじ)』に由来する「宇宙」という言葉が意味から考えてみたい。続いて、地球から始まり、太陽系、天の川銀河(銀河系)、局所銀河群、超銀河団、そして大規模構...

神話的な宇宙観から合理的な宇宙観、そして天動説の誕生へ

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(2)宇宙観の変遷その1

追加日:2020/12/20
人類はこれまでどのように宇宙を見てきたのか。古くは神話的な宇宙観が支配的であった。古代のエジプト、インド、中国の宇宙観をたどりながら、ギリシアの宇宙観を紐解く。有名な天動説は古代ギリシアで最初に生まれたものだが、その...

コペルニクスによる地動説の再発見がもたらした影響

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(3)宇宙観の変遷その2

追加日:2020/12/27
「コペルニクスは地動説を再発見した」とは、どのようなことを意味しているのか。アリストテレスたちが発達させた天動説はその後体系化され、1000年以上も信じられてきたが、ルネサンス期になって一転。コペルニクスが登場し、地動説...

ニュートンの発見によって確固たるものになった地動説

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(4)宇宙観の変遷その3

追加日:2021/01/03
コペルニクスの地動説はルネッサンス期以降、活版印刷によってかなり広がっていった。その後、地動説はどのように継承されていき、賛同者たちはどのような運命をたどったのか。そんな折に天才ニュートンが登場するのだが、彼によって...

ニュートン力学の謎を解く鍵となる一般相対性理論とは何か

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(5)一般相対性理論からの予測

追加日:2021/01/10
ニュートン力学には一つの謎があった。重力質量と慣性質量の等価性についてである。本来物理的にはまったく異なるこの二つが一致することを説明したのがアインシュタインだ。そこで出てきたのが一般相対性理論である。そして、一般相...

ルメートルの「動的な宇宙モデル」は膨張宇宙論の先駆け

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(6)動的宇宙解と宇宙膨張の発見

追加日:2021/01/16
アインシュタインの一般相対性理論から「膨張したり収縮したりする宇宙」を導き出したフリードマン。若くして亡くなったため、アインシュタインとの論争には発展しなかったが、その後、膨張宇宙論の先駆けとなるルメートルの「動的な...

ノーベル賞を受賞した「ビッグバン宇宙論」確立への発見とは

「宇宙の創生」の仕組みと宇宙物理学の歴史(7)ビックバン宇宙論

追加日:2021/01/23
ルメートルの提唱した宇宙膨張は実際に観測されることになった。それでは、彼が同じく提唱していた「宇宙は小さな『宇宙の卵』から生まれた」という説について、その理論はどのように発展し、それがどのように観測されるに至ったのか...

ブラックホールとは何か (全8話)

収録日:2018/10/31
追加日:2019/03/26

太陽系は銀河系の中で塵のように小さな存在でしかない

ブラックホールとは何か(1)私たちが住む銀河系

追加日:2019/03/26
銀河の中心にある巨大なブラックホールは一体何なのか。それを考えるためには、宇宙にある数多の銀河の構造について正しく理解する必要がある。私たちが住むこの太陽系は、天の川銀河という巨大な銀河のごくごく小さな一部分である。...

天の川にある謎の物体の正体は?

ブラックホールとは何か(2)活動銀河中心核

追加日:2019/04/02
天の川を電波写真で拡大してみると、非常に巨大な星の固まりがあることが分かる。これは1300万光年かなたにある楕円銀河で、その中心核は「活動銀河中心核」と呼ばれている。活動銀河中心核とは一体どのようなものか。(全8話中第2話)

いて座A*は現在最も有力なブラックホール候補

ブラックホールとは何か(3)いて座A*

追加日:2019/04/09
天の川銀河の中心にある「いて座A*」は現在、ブラックホールの最も有力な候補天体である。現在はとても暗いが、さまざまな研究によれば、過去には活発な時期があったという。そんな中、最近、人類が初めてブラックホールにガスが落ち...

ブラックホールはどのように形成されるのか?

ブラックホールとは何か(4)ブラックホールの形成

追加日:2019/04/16
ブラックホールとは、その強力な重力のために光すら脱出することができなくなった天体である。それらはどのように形成されるのだろうか。それは恒星の一生に関する理解の枠内で説明できるという。(全8話中第4話)

不可視のブラックホールをどのように検出するのか?

ブラックホールとは何か(5)野良ブラックホールの検出

追加日:2019/04/23
天の川銀河の中には、すでに認識されているブラックホール以外にも膨大な数のブラックホールが存在するという。ただ、そのほとんどは単独で存在し不可視であるため、検出は難しい。そのため、銀河中に広がるガスの運動を観察すること...

銀河の中心に超大質量ブラックホールがある理由

ブラックホールとは何か(6)超大質量ブラックホール

追加日:2019/04/30
銀河の中心になぜ超大質量ブラックホールがあるのか。銀河中心核超巨大ブラックホールの階層的形成・成長シナリオの検証に向けた、観察データから分かるブラックホール研究の現状について解説する。(全8話中第6話)

ブラックホール研究は何の役に立つのか?

ブラックホールとは何か(7)基礎科学研究の社会的意義

追加日:2019/05/07
2016年に重力波が検出されたことにより、超大質量ブラックホール形成のシナリオの立証に着々と近づいているなど、ブラックホール研究の展望は明るい。ではこうした基礎科学研究の社会的意義とは何か。(全8話中第7話)

地球がブラックホールに吸い込まれることはあり得るか?

ブラックホールとは何か(8)質疑応答編

追加日:2019/05/14
地球がブラックホールに飲み込まれることはほとんどあり得ない。しかし、ブラックホールが近づいてきた際、人類は間接的にしかそれに気付くことができないだろう。今回は、シリーズ講義収録後に行った岡朋治氏への質疑応答編である。...

近いテーマの講師一覧

岡村定矩

東京大学名誉教授東京大学エグゼクティブ マネジメント プログラムチェアマン補佐

小泉宏之

東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授

中村尚

東京大学 先端科学技術研究センター 副所長・教授

田島木綿子

国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹

浦環

九州工業大学社会ロボット具現化センター長・特別教授東京大学名誉教授

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

中尾彰宏

東京大学大学院情報学環 教授

松尾豊

東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター 技術経営戦略学専攻 教授

斎藤成也

国立遺伝学研究所集団遺伝研究室 教授総合研究大学院大学 教授東京大学大学院 教授