10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
由井宏治

由井宏治

ゆいひろはる

東京理科大学理学部第一部化学科 教授
出身:東京都
専攻:物理化学、分析化学、レーザー分光学
略歴:
1995年 東京大学工学部応用化学科 卒業
1999年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻博士課程 中退
1999年 東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教
2001年 科学技術振興機構 博士研究員
2005年 東京理科大学理学部第一部化学科 講師
2008年 東京理科大学理学部第一部化学科 准教授
2013年 東京理科大学理学部第一部化学科 教授
現在に至る。
研究活動:
日本化学会、日本分析化学会、日本分光学会、高分子学会会員。
2016年アメリカ航空宇宙局NASA-AMES研究所において惑星・生命起源探査に関する在外研究。
2016年11月~2021年3月まで東京理科大学総合研究院ウォーターフロンティアサイエンス&テクノロジー研究センター長。
レーザー分光学/分析化学的手法を用いた、物質・材料の表面・界面・ナノスペースにおける水の関与する分子構造・物性発現・化学反応の研究に従事。
2005年日本分光学会奨励賞、2006年日本分析化学会奨励賞、2013年堀場雅夫賞を受賞。
著書「化学熱力学入門」(オーム社)他。

教養としてのナノテクノロジー (全10話・9話配信中)

松本洋一郎/山本貴博/由井宏治/元祐昌廣
収録日:2021/03/29
追加日:2021/07/22

人類に課せられたナノテクノロジーの使命と教養の重要性

教養としてのナノテクノロジー(1)科学における教養とは何か<前編>

追加日:2021/07/22
ナノテクノロジーの発明によって、人類は自由自在に物質をつくり出したり、その性質を変えることが可能になりつつある。これまでにないほど高度な技術を手に入れようとしている今だからこそ、科学における教養の重要性を考えることが...

水はナノの世界から理解していかなければいけない命題

教養としてのナノテクノロジー(2)科学における教養とは何か<中編>

追加日:2021/07/29
無限の可能性を秘めたナノテクノロジーは、学問体系をも再構成するほどの力を持っている。なぜなら、そこでは特定の分野を超えて物事を考えていくことが求められるからだ。その好例になるのが、「水」である。われわれにとって最も身...

ナノテクノロジーを利用する際に求められること

教養としてのナノテクノロジー(3)科学における教養とは何か<後編>

追加日:2021/08/05
「ナノテクノロジーというすごい技術を手に入れてしまったのだから、教養が必要だ」ということで、重要になってくるのはナノテクノロジーを実際に利用する際、何が求められるのかということだ。そこで、各講師にそれぞれ工学、物理学...

水滴にみる表面張力の分子起源とその制御について考える

教養としてのナノテクノロジー(9)水とナノテクノロジーの関係

追加日:2021/09/16
地球を地球たらしめるもの、それが「水」である。水は他の物質と比較してもその性質は特異だ。その理由は、水の熱的性質と強力な表面張力にある。前者はナノスケールで起こる「水素結合」、後者はナノスケールでの制御である「界面活...

近いテーマの講師一覧

元祐昌廣

東京理科大学工学部機械工学科 教授

山本貴博

東京理科大学理学部 物理学科 教授

松本洋一郎

東京大学名誉教授外務大臣科学技術顧問

小泉宏之

東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授

岡村定矩

東京大学名誉教授東京大学エグゼクティブ マネジメント プログラムチェアマン補佐

磯貝明

東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 教授

岡朋治

慶應義塾大学理工学部物理学科教授

岸輝雄

新構造材料技術研究組合(ISMA) 理事長東京大学名誉教授

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長