10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
次の動画
天皇と憲法と近代日本(2)福沢諭吉の構想力
2. 皇室は国民全体を支えるコモンローである
on SANKEI 限定
天皇と憲法と近代日本(2)福沢諭吉の構想力

1. 「天は人の上に人を造らず」だが皇室は?

公開日:2019/10/19
出演者:江崎道朗(評論家)
『学問のすゝめ』の「天は人の上に人を造らず」で有名な福沢諭吉。だが彼は、権力闘争を超えたところに皇室があることで日本の政治は安定すると考えた。その考えは、「政治は法律により秩序を整理するための道具でしかない」という政治に対する冷徹な洞察と、皇室への深い理解に裏づけられていた。では、福沢の考える「皇室が果たすべき役割」とは?
天皇と憲法と近代日本(2)福沢諭吉の構想力
1. 「天は人の上に人を造らず」だが皇室は?
2. 皇室は国民全体を支えるコモンローである
3. 「民心軋轢の惨状」の緩和は天下無上の美事
4. 徳義の風俗を維持できるのは帝室のみ
関連コンテンツ
近代日本史における天皇(2)令和改元は成功の証
天皇と憲法と近代日本(3)戦後日本と天皇
天皇と憲法と近代日本(1)中江兆民の天皇論
近代日本史における天皇(1)奇跡はなぜ実現したか

テンミニッツTVの関連動画

他の限定コンテンツを見る
名将・根本博(2)台湾・恩義に報いる戦い
名将・根本博(1)内蒙古・終戦後の戦い
名将・樋口季一郎(1)ユダヤ人を救った決断
名将・樋口季一郎(2)キスカ島と占守島の奇跡
『皇帝たちの中国』(岡田英弘著)を読む
近代日本をつくった男、渋沢栄一