10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
続きを観るには、産経iDのログインと
「テンミニッツTV on SANKEI」の会員登録が必要です。
ログインして会員登録する
on SANKEI 限定
近代日本史における天皇(2)令和改元は成功の証

2. 天皇と国民の「相互の信頼と敬愛」こそが国の基

公開日:2019/10/15
出演者:中西輝政(京都大学名誉教授)
近代日本が真に危機的な局面で、幾度も天皇に救われたのは、「民草のための天皇」というご自覚を、歴代天皇が強くお持ちだったからであった。なぜ、そのような無私の精神が代々受け継がれてきたのか。大嘗祭や新嘗祭をはじめとした祭祀や、昭和天皇の「相互の信頼と敬愛」というお言葉から、日本の本質に迫る。[聞き手:川上達史(歴史チャンネル編集長)]
近代日本史における天皇(2)令和改元は成功の証
1. なぜ昭和天皇は戦前と戦後をお一方で体現できたのか
2. 天皇と国民の「相互の信頼と敬愛」こそが国の基
関連コンテンツ
天皇と憲法と近代日本(2)福沢諭吉の構想力
天皇と憲法と近代日本(1)中江兆民の天皇論
近代日本史における天皇(1)奇跡はなぜ実現したか

テンミニッツTVの関連動画

他の限定コンテンツを見る
名将・根本博(2)台湾・恩義に報いる戦い
名将・根本博(1)内蒙古・終戦後の戦い
天皇と憲法と近代日本(3)戦後日本と天皇
名将・樋口季一郎(1)ユダヤ人を救った決断
名将・樋口季一郎(2)キスカ島と占守島の奇跡
『皇帝たちの中国』(岡田英弘著)を読む