10MTV サービス概要・会員登録 産経iD新規登録(無料)・ログイン
続きを観るには、産経iDのログインと
「テンミニッツTV on SANKEI」の会員登録が必要です。
ログインして会員登録する
on SANKEI 限定
天皇と憲法と近代日本(3)戦後日本と天皇

2. 後奈良天皇のエピソードに込められた思い

公開日:2019/10/21
出演者:江崎道朗(評論家)
上皇陛下は昭和61年に、また、今上陛下は平成29年に、後奈良天皇にご言及されている。後奈良天皇は、戦国時代の庶民のために粉骨砕身され、寺社に奉納した写経に「民の父母として徳を行き渡らせることができず,心を痛めている」とお書きになった方である。その後奈良天皇へのご言及には、とてつもなく深いお考えが込められているという。そのお考えとは?
天皇と憲法と近代日本(3)戦後日本と天皇
1. エリートの歪んだ天皇観
2. 後奈良天皇のエピソードに込められた思い
関連コンテンツ
近代日本史における天皇(2)令和改元は成功の証
天皇と憲法と近代日本(2)福沢諭吉の構想力
天皇と憲法と近代日本(1)中江兆民の天皇論
近代日本史における天皇(1)奇跡はなぜ実現したか

テンミニッツTVの関連動画

他の限定コンテンツを見る
名将・根本博(2)台湾・恩義に報いる戦い
名将・根本博(1)内蒙古・終戦後の戦い
名将・樋口季一郎(1)ユダヤ人を救った決断
名将・樋口季一郎(2)キスカ島と占守島の奇跡
『皇帝たちの中国』(岡田英弘著)を読む
近代日本をつくった男、渋沢栄一